Welcome to Guam TSUKUMO-KAI Golf Club web site
1990年創立
Constitution Chairperson Members Tournament Ranking Match Play Monthy MVP M.V.P Champions
ネット72の長谷川が優勝
タロフォフォで行われた4月第3週の週例会にゲスト1名を含む22名が参加した。カラッカラの季節が終わり、久しぶりに途中10分程度の中断を余儀なくされるスコールに見舞われたが、2回目はなくその後は順調に終了することができた。この日の7位のネットは74。そこに鳥越・服部・松浦・加納の4人が並び服部が7位。ネット73は小川1人で5位。上位4人は同ネット72。森本が4位、柴田が3位、貴之が2位、そしてタロフォフォでは珍しいネット72の優勝は長谷川。自分では3位か4位ぐらいを予想していたまさかの優勝でした。

ウラ画像は2008年 長谷川会員

画面が更新されてない場合はCTRLを押しならが
ブラウザーの更新ボタンをクリック!


4/22 週例会結果、月間MVP

2018年 5月の会場
5日 12日 19日 26日
TGC SGR MGC TGC
優勝者/月例優勝者月間MVP
本戦3試合が全てカウントバック決着
2回戦最後の試合、坂根対松浦。ランが少なくなり不利が予想された松浦が健闘。前半を1アップで折り返すと後半一時逆転を許すもその後すぐに再逆転。1アップのまま最終ホールを迎え、ダボなら勝利のはずがここで後半初めてのトリプル。最後に坂根に追いつかれ、CBで惜敗となった。小石川の不戦敗で3回戦に進んだ鳥越はマッチ巧者巨樹と対戦。前半は両者共に5ボギーの41という素晴らしいゴルフを展開し巨樹が2アップ。巨樹はそのまま14番までパーとボギーを並べたが、15番で初ダボを叩くと16番も連続ダボでついに鳥越に追いつかれた。しかし17番でパーを奪い再び1アップのリードで最終ホールへ向かった巨樹。ここまで週例会優勝のペースで来ていたが、最後にまさかの10を叩き万事休す。鳥越が2大会ぶりのベスト4へ進出。
そして注目の一戦、森本対加納のダークホース対決。ハンデは27と26でほぼ互角の実力。序盤は先輩の森本がペースを掴み5ホールで3アップ。しかし6番からは逆に7ホールで加納が3アップしイーブンに。13番を取った森本が再び1アップのリードを奪ったが、14番から何と加納が3連続パーでこの試合初めて加納が1アップのリードを奪った。このまま新馬の勢いが勝るのかと思われたが、今度は難しい17番で森本がまさかのバーディーを奪取。両者イーブンで迎えた最終ホールは互いにボギーで分けた結果、17番バーディーの森本がカウントバックで加納を下し、初の ベスト4入りを果たした。

マッチの様子はこちら

Jan.
多香子、坂根、巨樹、
伊藤/伊藤
Feb. 伊藤、藤井、野口/野口
Mar. 柴田、関根、森本、比嘉、森本/慎太郎
Apr. 吉田、藤崎、長谷川
 
*****  小平の米国ツアー優勝で盛り上がる日本男子第2戦パナソニックオープン最終日。ところが残念なことに前半を終わってベスト8の中に日本人は1人だけ。開幕戦優勝のアトムは予選落ち。期待の遼くんは3日目に大叩き... 頑張れ日本男子!!   次週スターツで月例です。  *****
会員専用ページ Event 過去の記事 ルールBook Links Photos
九十九会へのお問い合わせ
Copyright (c) 2002-2006 Guam Tsukumo-kai Golf Club All rights reserved.